スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
自然放射性核種と人工放射性核種の違いが問題/ 市川定夫氏


内容を書き出したので参考にしてください。

(ナレーション)
原発が日常的に放出する放射能を、ことさら自然放射能と比較してみせる。このような比較に意味があるのだろうか。

(市川定夫先生)
原発を推進される側はいつもこれの比較(人工放射線、自然放射線)これに絶対誤魔化されないように。
この比較を原発を推進する側はやる。
で、私たちが本当に比較しなきゃなんないのはこっち(人工放射線核種、自然放射線核種)なんです。
さっき言ったカリウム40、こういうものが天然に昔からあったわけです。
そういうものがあったら、そういう危険なものがある元素は人間は、人間じゃない、全生物は蓄えないという形で適応しているわけです。
つまり、進化と適応、生物の進化と適応の過程で遭遇してきたものに対しては、それをくぐり抜けたものしか生き残ってないという形で、結果として。
だから、こういうものを蓄えない。こういうも(カリウム40)のを蓄えない生物だけが生き残ってる。
と言う形で適応して、自然の放射性核種を濃縮する生物は一つもいません。

ところがヨウ素。
ヨウ素はさっきも言ったように、天然のヨウ素は全部非放射性でしょ。
放射能がないヨウ素だから、我々は安心して、植物は安心して何百万倍も濃縮したし、我々は安心して甲状腺に集めて利用しているわけです。
安全だったからそういう性質は貴重な、優れた性質になり得たんです。
ところが、その安全だった元素に、安全だった元素に放射性の核種を作ったらダメなんです。
濃縮するやつを考えてみますと、今までその元素には放射性は無かった、そういう元素に放射性のものを作ったときに濃縮する。

セシウムです。
セシウムも天然のものはカリウムと一緒に入ってきても非放射性ですから何にも怖くない。
勝手に入りなさい。
ね、ところが、こんなもの(セシウム137)を原子炉の中で作り出すものだから、これも今言ったようにじわじわじわじわ蓄えられてしまう。

ストロンチウム90もそうです。
天然のストロンチウムは非放射性で、カルシウムに性質似てて、カルシウム入るとこにはストロンチウム全部、いつでも入ってきます。
天然のストロンチウム入って来たって一向に構わないんです。
非放射性ですから。
ところが原子炉の中でストロンチウム90、放射性のストロンチウム作ると骨の中入っちゃう。
ストロンチウム90もこれ(セシウム137)に近い、半減期が28年ですから、だから0歳の時に骨の中入っちゃう、ストロンチウム90がね。
入っちゃたら、その人が28歳になったってまだ放射能半分残ってるんですよ。
骨の中に。
中から被ばくを与えてるんです。
ストロンチウムが入ると白血病だとか骨髄癌に罹りやすいちゅうのはそれなんです。
骨に入って、至近距離から骨髄とかに照射しているわけですから。
ね。
そういう、これまで、その元素に放射性のもの無かったものに放射性のもの作ったときに濃縮すんです。
それが人工放射能の濃縮というんです。

いままで、天然にはそいう濃縮するもんがないちゅうのは、さっきの適応の結果論です。
ところが、我々が自然、進化の適応の過程で一回も遭遇したことのない、原子力が始まってから初めて出来たものに対して、我々、そういう適応を持ってないんです。
遭遇しなかった訳ですから。ところが、これやると、具合悪いんで、昔そうだったんです。

あの、昔はですね、人工放射能も自然放射能も同じようなもんだと考えたんは一理あったんです。
私もそう習ってきたし、私もそう思ってました。
なぜなら、ウランの核分裂の結果できる人工放射線核種も出す放射線はアルファ線かベータ線かガンマ線なんです。
天然にある放射線もアルファ線かベータ線かガンマ線なんです。
出す放射線は同じなんです。
ウランの分裂の結果できるものも、天然にあるものも。
出す放射線は同じなんです。
で、放射能というのは放射線を出す能力。
最終的に我々生物に傷を付けるのは放射線ですから。
放射線が同じなら人工でも天然でも同じじゃないかと昔は考えてたんです。
これ(人工放射線核種と自然放射線核種)について。

ところがそれ間違ってる。挙動の違いがあったわけです。
濃縮するかしないか。
それが分かった後なのに、推進側は今度、これ(人工放射線核種と自然放射線核種)がダメっちゅうことになって、わざとこっち(人工放射線と自然放射線)へ持ってきた。
放射線の問題にしてる。
人工の放射線でも、医療の放射線を出してきたり。
ね、あれも人工の放射線。
で、自然に、天然に宇宙から飛んできてるやつもみんな放射線。
放射線は皆さん傷つけてるんですよ。
人工にも自然にも差有りませんよ。
放射線取り上げたら差有りません。
ここでは差無いんです。
だけど、放射線が同じか違うかではなかったんです。
放射線を出す能力を持ったこういうもの(人工放射線核種と自然放射線核種)が我々の中で蓄積するかしないかの違いだったんですよ。

(ナレーション)
ヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90と言った人工放射能は生体内に濃縮・蓄積し、生物がこれまで適応してきた自然放射能とは比較できない影響を人体に及ぼす

(以上)
スポンサーサイト
[ 2011/12/07 12:06 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦教授 | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hamurakko.blog.fc2.com/tb.php/1-6cdb03b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。